アフィリエイト初心者のキーワード対策はポートフォリオで

アフィリエイト初心者のキーワード対策の考え方

SEOにおいて、キーワード対策は不可欠です。
以前よりも重要度は低下していますが、キーワード対策をしっかり行わないと検索の上位表示は難しく、ターゲット層となる検索者を自分のサイトへ呼び込むことができません。
現在は大企業やアフィリエイト上級者が、キーワード対策を含むSEOをしっかり行っているため、サイトランクの低いアフィリエイト初心者が検索エンジンで上位表示を獲得するのは難しい状況にあります。

アフィリエイト初心者のキーワード対策は、競合性の高いキーワードを避けながらも、ある程度の検索ボリュームのあるキーワードを使用して、ターゲット層となる検索者をしっかりと拾ってゆくのが基本となります。

アフィリエイト初心者におすすめするキーワード対策の方法は以下のとおりです。

・Googleアドワーズへ登録する
・記事タイトルのキーワードに気を配る
・キーワードポートフォリオを作成する

Googleアドワーズへ登録する

キーワード対策を行うためには、キーワードの検索ボリュームを把握する必要があります。

・そのキーワードは検索でどのくらい使用されているのか。
・そのキーワードの競合性は高いか低いか。

などの情報を把握したうえで、作成する記事との整合性などを考え、キーワードを決定してゆきます。

キーワードの検索ボリュームを把握するツールはいくつかありますが、おすすめはGoogleアドワーズです。
Googleアドワーズは無料で使えるため、ぜひ登録しておたいツールです。
Googleアドワーズへの登録方法は、下記の記事へ記載しています。

Googleアドワーズへの登録とキーワードプランナーの使用方法
Googleアドワーズへの登録とキーワードプランナーの使用方法
Googleアドワーズとは Googleアドワーズとは、Googleが提供しているインターネット広告サービスです。 Googleアドワー...

記事タイトルのキーワードに気を配る

検索ボリュームと競合性からキーワードを決める
例として、ヘルスケア関連の物販アフィリエイトを行っている場合を想定してみます。

コンタクトレンズの宣伝記事を書く場合の記事タイトルを検討するため、Googleアドワーズでコンタクトレンズに関する検索ボリュームを確認したところ以下のとおりでした。

コンタクトレンズ」という単独のキーワードは、検索ボリュームが大きいものの、競合性も高く、単独で記事タイトルに使用しても、検索エンジンでの上位表示は難しいことがわかります。このようなビッグキーワードは大企業が広告費をかけて使用しているため、アフィリエイト初心者が使っても太刀打ちできません。

コンタクトレンズ 宅配」というキーワードについては、検索ボリュームが小さいにもかかわず競合性が高く、記事のキーワードにはまったく適しません。

上記の中では、「コンタクトレンズ 眼科」というキーワードが、検索ボリュームもそこそこあり、競合性が低いことがわかります。

よって、記事のタイトルを例えば「コンタクトレンズ 眼科に行かなくても購入できます」などにすれば、検索エンジンで上位表示される可能性が高まることがわかります。

キーワードを決めたら、記事タイトルだけでなく、記事本文にもそのキーワードを使うことで、検索エンジンで上位表示される可能性がさらに高まります。

このように、記事のタイトルを決める際は、Googleアドワーズなどで候補となるキーワードを調べて、検索ボリュームがそこそこあり競合性の低いキーワードを記事タイトル、記事本文に含めてゆくのが基本となります。

記事本文とキーワードの整合性を考える
注意したいのが、記事本文とキーワードの整合性です。
キーワードをうまく決めて記事を作成し、検索エンジンの上位表示に成功してサイトへ訪問者を呼べたとしても、記事本文とキーワードがずれていては、訪問者の訪問目的と合致せず、商品は売れません。
キーワードを決める際には、記事内容との整合性を考え、より購買意欲の高い訪問者をサイトへ誘導するようにキーワードを選択する必要があります。

また、何といっても商品が売れるかどうかは記事の内容にかかっています。
訪問者が購入したくなる記事をいかに書くかが、最終的なアフィリエイト報酬を決めます。

キーワードポートフォリオを作成する

キーワードは、記事を書くときだけでなく、キーワードポートフォリオを作成して、定期的にチェックするようにしましょう。
次の記事向けのキーワード候補や、ライバルサイトの状況などを把握しておくことで、より適切なキーワード対策ができます。

狙うキーワードで実際に検索してみて、自分の記事が何位に表示されているかを定期的にチェックすることも重要です。

ライバルサイトは、大企業ではなく、自分の検索順位に近いサイトで、自分と同じくらいの個人アフィリエイトサイトからいくつ選ぶのがおすすめです。

キーワードポートフォリオの例は以下のとおりです。

月1回など、見直す頻度を決めて、定期的に更新してゆくと利用しやすいと思います。

また、自分のWEBサイトのターゲットキーワードでの検索順位をチェックする便利なツールがありますので紹介します。

GRCでターゲットキーワードの検索順位をチェックする
GRCでターゲットキーワードの検索順位をチェックする
Google/Yahoo/Bing 検索順位チェックツールGRC GRCは、キーワードごとに自分のWEBサイトの検索順位を調査するためのツ...

お役に立った場合は、下記をクリックいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ